FC2ブログ

皆生温泉 華水亭

二泊目の宿は鳥取県の皆生温泉「華水亭」です。
正面玄関の車寄せで家内が荷物を持って降り、私は駐車場に置きにいきます。
玄関での迎えは一人だけ。
バレーパーキングだった昨日の宿とは随分違います。

IMG_2386_R_202008210915077bd.jpg

部屋は四階。
窓の外は海!
と期待していましたが、松の木?が邪魔になってよく見えません。
下は海水浴場になっていて意外と多くの海水浴客で賑わっていました。

IMG_2388_R_20200818173112c03.jpg

悪くはないけどもう少し上層階のプランで申し込んでおけば良かったと後悔

IMG_2389_R.jpg

ま、それなりに綺麗ではあるのですが

IMG_2395_R_202008181731150ed.jpg

ロビーからの眺め

IMG_2397_R_20200818173132b88.jpg

IMG_2398_R_202008181731345ea.jpg

大浴場への通路
お風呂は海を眺めながらの露天風呂もありますが、少し湯温が低く、塩の味がしました。
個人的には普通。

IMG_2401_R_20200818173135e0f.jpg

大広間で夕食
これはテーブル間は離れているのですが、気持ち的に随分と密を感じます。
でも料理の味はとても良いです!

IMG_2402_R_20200818173137d00.jpg

IMG_2404_R.jpg

IMG_2406_R.jpg

IMG_2408_R_202008181731412c8.jpg

IMG_2411_R_20200818173144a86.jpg

全体的に欠点の無い美味しい料理でした。満足です。

IMG_2412_R_20200818173146e1b.jpg

翌朝

IMG_2414_R_2020081817314753a.jpg

朝食も昨晩と同じテーブル。
これは昨日の宿の圧勝です。

IMG_2417_R_20200818173149469.jpg

チェックアウト後、家内が鳥取砂丘に行ったことがないので立ち寄りました。

IMG_2420_R.jpg

真夏の砂丘は灼熱地獄。流石に年寄りは海の方までは行きません(笑)

これにてGo To Travelの第一弾は終了。
次は9月、東に向かいます。

IMG_2421_R_2020081817315209d.jpg
スポンサーサイト



玉造温泉 佳翠苑 皆美

島根県玉造温泉 「佳翠苑 皆美」
お風呂は見晴らしの良い展望風呂と一階大浴場の二ケ所あります。
どちらも密にならないようにスタッフを張り付けて人数制限で対処しています。大変ですね~。
大浴場の露天風呂が特に快適でした。泉質も私には丁度良い感じです。

夕食は四名用個室を二人使用で頂きました。
一応還暦祝いです(汗)

IMG_2331_R.jpg

勿論、京阪神の日本料理屋さんのように作りたてばかりを頂ける訳はなく、その点では評価は辛くなりますが、それなりに美味しいものが提供されました。

IMG_2336_R.jpg

鮑と鱸と牛肉から選択でした。
家内は鮑、私は牛ステーキ。
考えてみると宍道湖七珍には鱸が入っているのです。そちらにすれば良かった!

IMG_2337_R_2020081817302836c.jpg

IMG_2340_R.jpg

こんな個室でした

IMG_2342_R_2020081817303113e.jpg

朝風呂を浴びてから朝食です。
バイキングスタイルなのですが、ちょっと密。
でも品数も味も上等です。

IMG_2345_R.jpg

シジミの味噌汁が美味しくてお代わりしました。
満足度の高い朝食。

IMG_2348_R.jpg

エレベーターの中もこんなシールが貼っていました。
これからはこんなのがずっと続くのでしょうか?困ったものです。

IMG_2350_R.jpg

再度庭園を鑑賞して
10時前にチェックアウトです。

IMG_2352_R.jpg

さて、今日の観光。
宿から1時間程度で足立美術館到着です。

IMG_2359_R_20200818173059b01.jpg

入場料が一人2300円。
二人で4600円は高いと思っていましたが、とんでもない。

IMG_2361_R.jpg

この有名な日本一の庭園は勿論素晴らしいのですが
何よりも美術館秘蔵の横山大観の絵が最高なのです。
じっと眺めていると、絵の中のぼや~っとした線の部分に吸い込まれていきそうです。
個人的にはルーブル美術館や大英博物館より良かった!

IMG_2372_R_20200818173102897.jpg

そして、更に北大路魯山人展もやっていて、これも感動しました。
料理を盛る器がかくも魅力的なものなのだと!

IMG_2373_R.jpg

本当に来る値打ちのある美術館でした。2300円は安いです(笑)

IMG_2374_R.jpg

IMG_2377_R_2020081817310618a.jpg

その後は境港へ
水木しげるタウンです。

IMG_2378_R.jpg

お盆休みなので港には停泊中の漁船が沢山!
壮観でした。

IMG_2382_R.jpg

町の大型スーパーの魚売り場も見物。
でも今やコールドチェーンが発達したので、大阪でもそう変わらないかな?

IMG_2385_R.jpg

Go TO Travel します

今年は武漢ウイルスのせいで海外に行くのはほぼ諦めました。
ならばと、家内と国内の温泉を巡ることにしました。
一休のサイトから「Go To Travel」を使い一気に7軒の宿を予約です。
いつもながら極端な性格です(笑)

第一弾はお盆休みに山陰地方。
島根県の玉造温泉と鳥取県の皆生温泉。

勿論、家内同伴ですので観光もします。

先ずは車で早朝に大阪を出発して出雲大社。
家内は初めて。私は三度目の参拝です。

IMG_2272_R.jpg

全くこの建築技術には驚きます。
日本人の凄さを感じます。

IMG_2268_R.jpg

IMG_2274_R.jpg

IMG_2275_R_20200818172941854.jpg

昼食は出雲そば。
いたって普通のおそば。
こちらは偉大な観光資源におんぶ抱っこしてますな。

IMG_2279_R_2020081817294309d.jpg

次は神無月には日本中の神々がここから上陸するといわれる稲佐の浜

IMG_2296_R.jpg

雰囲気のある場所ですね~。
ここは初めてでしたが、来て良かった。

IMG_2293_R.jpg

近くの島根ワイナリーでワインを購入。
私は車の運転がありますので、試飲は家内だけです。

IMG_2297_R.jpg

その後、宍道湖を横にみながら玉造温泉へ

IMG_2298_R.jpg

本日の宿は玉造温泉「佳翠苑 皆美」さん
玄関前で車をスタッフに任せて茶店でお茶と茶菓を楽しみながらチェックイン。
流石です。

IMG_2327_R.jpg

部屋は古いのですが、掃除は行き届いています。

IMG_2304_R.jpg

奥にあるテレビルームは必要ありませんが(笑)
テレビなんて馬鹿になるための道具でしかありません。
ネットが繋がれば十分です。

IMG_2311_R_20200818172956263.jpg

眼下の日本庭園が美しい
IMG_2308_R.jpg

錦鯉も大きい

IMG_2301_R.jpg

数種類あるお茶うけもそこそこに(これもこの宿の評価高い理由だと思います)

IMG_2312_R.jpg

庭を鑑賞しに下ります

IMG_2315_R.jpg

素晴らしい庭

IMG_2322_R.jpg

良い宿ですね~
この宿はかなり気に入りました

IMG_2320_R_2020081817301950f.jpg

少しだけ温泉街を歩いてみましたが、やはり閉まっている商店も多く、活気はまだまだありません。
頑張れ玉造温泉!

IMG_2326_R.jpg

バンコク経由で帰国

帰りはバンコク経由です
ファーストクラスのシートに案内されたので欣喜雀躍したのですが

IMG_6207_R.jpg

シートだけビジネス客に開放でした(笑)

IMG_6218_R.jpg

でもやっぱり凄く楽です

IMG_6205_R.jpg

KRUGではない!とか野暮なことは言いません(笑)

IMG_6210_R.jpg

食事はまたまたカレー
カレーもどきかな?

IMG_6215_R.jpg

IMG_6216_R.jpg

バンコク到着

IMG_6219_R.jpg

TGラウンジで寛いでから

IMG_6221_R.jpg

関空行に乗り換えです

IMG_6222_R.jpg

ここからは新型のビジネスシート

IMG_6231_R.jpg

このシートの快適さは旧型ファーストに対しても遜色なしです

IMG_6228_R.jpg

朝から泡を頂いて

IMG_6234_R.jpg

和食!
カレーばかりからのこの食事は染みます(笑)美味しい!

IMG_6241_R.jpg

IMG_6242_R.jpg

IMG_6244_R.jpg

神戸空港上空

IMG_6245_R.jpg

堺市のソーラーパネル。中華に毒されてるのかな?
楽しい夏休みもこれで終わり。また日常に戻ります。

IMG_6252_R.jpg

セントレジスムンバイの朝食

セントレジスには基本クラブラウンジはありません。
でも流石にマリオット系の最上位ホテル

IMG_6165_R.jpg

どこをとっても高級感があります
そして朝食も充実しています

IMG_6167_R.jpg

でも朝からカレーばっかり(笑)

IMG_6169_R.jpg

IMG_6170_R.jpg

IMG_6171_R.jpg

そして、その他の食事もカレーばっかりですが!

この日の夕方も
昨日の高級店のビリヤニがあまりに美味しかったので
再度食べに来ました。今度はバターチキンカレー。

IMG_6185_R.jpg

残念ながら昨日のビリヤニには遠く及びません

IMG_6187_R.jpg

バターナンは素晴らしい

IMG_6188_R.jpg

16時にレイトチェックアウトして、夕食。
それからロビーでネットをしながら時間を潰し
タクシーで空港に向かいました。
この時、世話してくれたホテルスタッフが本当に可愛らしかった。
英語の達者な日本人かと思ったらブータンの女性でした。

到着後はラウンジで寛ぎます。
ミールも結構充実していますが

IMG_6194_R.jpg

やはりカレーがメイン
IMG_6196_R.jpg

IMG_6197_R.jpg

IMG_6198_R.jpg

IMG_6199_R.jpg
プロフィール

シンオー

Author:シンオー
(カシュガルにて)


≪近況≫

162回の海外渡航。
タイ入国スタンプは73個。

このブログを始めて15年。
もうすぐ還暦です!
それを迎えるにあたって、ずっと中断していた投稿を再開していこうと思い立ちました。
個人のアルバムとして、そして自分の旅行の足跡を形として残しておこうと。
公開ですが顔出しもご容赦下さい(笑)。
そのうち子供たちも見てくれるかな?

最近の記事
カテゴリー
リンク
最新トラックバック
現在の閲覧者数: 人気ブログランキングへ